宗教による違いについて

葬儀について考える場合には、宗教によっての葬儀方法の違いなどについても心得ておきたいものです。なぜ宗教によって葬儀方法が異なってくるのかというと、それは各宗教によって死者に対する考え方が違うからです。仏式によるお葬式は、最もポピュラーなものと言われていて、実際に参列者となって参加した経験のある人も多いでしょう。そのため、参列者のための特別な配慮の必要も少なく、スムーズにお葬式をすることができるでしょう。神式は、儀式によって死者が魂を清め、神とした祭るためのものなので、仏式ほど一般的なものではなく、参加者への配慮が必要な場合もあるでしょう。各宗派によって異なるキリスト教式は、式場は境界を使うことが多く、僧侶ではなく聖職者が司ります。キリスト教式でもお布施のようなものはあって、仏式のお寺へのお布施の変わりに、聖職者に献金という形でお礼を渡すことになります。これらが大きく葬儀の種類を分けた際に分かれる三つの方式ですが、細かく分ければ宗派の違いなどによりさらに分かれることになります。それぞれの家柄などによってどの方式でのお葬式が必要なのかが決まってくるので、それらを踏まえた上でしっかりと故人を送り出したいものです。
気になるのは葬儀の費用ですよね。

Comments are closed.